寿命がある給湯器は交換のタイミングを把握しておこう

作業員

寿命のある器具

給湯器

いつの時期に交換か

今の家庭ではお風呂のお湯は、自動ではる機能のついている自動のガス給湯器がついている家が多いです。新築の家になると、自動で湯沸しを行ってくれるガス給湯器がついているのが、当たり前の時代です。手動であれば、お水をはって、湯沸かしのボタンをおして、自分でいい温度になったら止めに行くものです。自動であれば、オート機能がついているので、事前に水量と何度にするのか設定しておくと、勝手にお湯はりも行ってくれます。便利な機能のついているものが主流ですが、交換時期もやってきます。新品で購入しても、10年から15年くらいで交換にはなります。今のタイプは、エコ対応も行っているものもあるので、一気にそのタイプに切り替える家庭も多いです。

エコ対応にするか従来品か

ガス給湯器は、エコ対応になっているものは、本体の値段がかなり高額になってくるのですが、将来的にはガス代の節約になります。これから先も長く使っていくということを前提に考えるのであれば、エコ対応のガス給湯器に交換するのも一つの手にはなってきます。また従来品も当初よりも、かなり価格が安くなっています。既存のガス店にお願いするのではなくて、ネットででも取り扱っているお店があるので、そこで依頼すると、定価の70パーセントオフになるお店もあります。取り付け工賃をいくらとるのかはよく調査してから頼みましょう。今までよりもガスの使用量が多くならないのであれば、この安い従来品と買うのも賢い買い物になります。長期的な考えならエコ対応の物です。